玉の子タイムは、「人権委員会の発表❤」でした!

 12月5日(水)今日の玉の子タイムは、人権委員会の発表でした。

 全校児童は、「あなたのいいところ星は、どんなところですか?」というアンケートに一人一人自分で答えたプリントをもって集会に参加していました。

 

人権委員会のみなさんが、絵本「ええところ」3ツ星を朗読してくれました。

 「ええところ」のお話を聞いた全校児童はそのすてきな余韻の中思ったことや考えたことを夢中で書いていました。

そして、その感想をしっかりとした声で発表しました。

1年生「ともちゃんが、あいちゃんのいいところをいっしょうけんめいさがしていて、すご

    いとおもいました。ぼくも、まねしたいです。」

2年生「わたしも、みんなのいいところを見つけたいと思いました。」

3年生「ともちゃんが、あいちゃんのいいところを見つけてあいちゃんに伝えたところがい

    いなと思いました。」

4年生「わたしもあいちゃんと同じで、なかなか自分のいいところは分かりません。でも自

   分では気付かなかったことを友達が見つけてくれて、そうかと思えることはすてき!

   これからは、たくさん自分のいいところを見つけよう思いました。」

5年生「だれでもいいところはあると思いました。自分ではいいところはないと思っても、

   周りの友達や家族は気付いてくれているんだなと思いました。」

6年生「はじめは自分のいいところを見つけられなくて悲しい気分だったけど、ええところ

   をともちゃんが見つけてくれて一番やさしい友達だとぼくも思いました。」

 

 最後に人権委員会担当の近藤近江先生から、お話がありました。

 

 

 

「言葉には、今日の絵本の中のあいちゃんとともちゃんのように相手を幸せな気持ちにさ

 せてくれる力があります。でも逆に心を傷つけたり、心の花をしぼませてしまったりも

 します。みなさんは、これからどんな言葉をつかっていきたいですか?」

「うれしいことばをつかいたいです ハート

「ありがとうといいたいですハート

「みんなのいいところを見つけて言いたいですハート

 

 

星3ツ星玉津小学校で、たくさんの玉っ子の「ええところ」キラキラキラキラ輝くように

   みんなですてきなことばハートをつかっていきましょうね(*^▽^*)